山口景子編曲 フルートとヴァイオリンのためのデュエット曲集シリーズ

フルートとヴァイオリン、それからピアノという組み合わせで演奏する機会は少なくない。みんなそれぞれソロでも演奏できるし、音色も様々で組み合わせのバリエーションも豊富。
コンサートに限らずどんな場面でもフレキシブルに対応できる編成のため、ライブなどでも重宝する。
この編成で演奏する曲として、この山口景子さんが編曲したこの楽譜から選ぶことは非常に多い。
選曲もクラシックに限らず人気のある名曲、懐メロ、または流行りの曲を収録しており、これが吹きたかった!と思わず頷いてしまう。
また編曲も素晴らしく、それぞれの楽器の良さと曲のイメージを上手くマッチさせている。
使用している音域にも無理がなく、奏者にとっても気持ちよく演奏できる。それぞれの楽器を深く理解していなければこうはならないだろう。
編成はフルートとヴァイオリンのためだが、曲によってはフルート二重奏でも演奏可能なので、レッスンなどに用いても良いだろう。
今後も何かと活躍しそうなので、機会があれば全巻揃えたいところだ。

関連記事

ページ上部へ戻る