BOSS Loop Station RC-300

Bossから販売されている、フレーズルーパーのフラッグシップモデル。
ルーパーとは、短いフレーズをペダル操作で録音、再生し、リアルタイムに音を重ねていくループ・パフォーマンスのための機器。
最近念願が叶って手に入れることができて、早速使ってみたので紹介したい。
直感的な操作感でパフォーマンスが可能、というだけあって、電源を入れたその瞬間から色々遊べる。多少のペダルの操作のズレも、タイムクオンタイズ機能のおかげで補正され、本来自分が作りたかったループ素材に、機器側で即座にコントロールしてくれる。この機能は感動もので、スマートフォンなどのルーパーアプリなどで試した時にどうしてもしっくりこなかったタイミングの問題が、全く気にしなくてもよくなったのは素晴らしい。このおかげで、自分のコンサートやライブで使用できる、という確信がさらに強くなった。
ただ、実際にライブでパフォーマンスをするにはやはり練習や慣れも必要である。パフォーマンスに合わせて色々機器の設定を変更するものだ、ということも、使ってみて初めて分かった。最初のうちは十分に作り込まれた楽譜も必要になるだろう。
ただ、それも苦にならないほどの可能性と、ワクワク感があって、早く使いこなせるようになりたくて仕方がない。
ベース、リズムパターンなど、パフォーマンスに必要ながら自分には足りない無い音楽スキルを、この機器とともに身につけていきたいと思う。

関連記事

ページ上部へ戻る