楽譜の書き込みに最適!三菱鉛筆:ユニフィールド

皆さんは楽譜に書き込みをするとき、何を使うだろうか?

今回紹介する三菱鉛筆のユニフィールドは、鉛筆とシャープペンのいいとこ取りをしたペン。元々は建築用に用いられるものとして販売されている。

楽譜の書き込みに鉛筆を用いることが多いのは、芯が太いから音符が書きやすかったり、消しゴムで消しやすいためでもあるが、オケのパート譜など借り物の楽譜の場合、シャープペンシルで書き込むと筆圧が高いため、楽譜を傷つけてしまう恐れもあるためだ。

その点、このユニフィールドは、芯はシャープペンのようにノックで操作するので芯を削る必要もないし、芯の太さも鉛筆と同じ2mmあるので、楽譜に溝を掘ってしまうこともない。

これ1本あれば、もう鉛筆を何本も用意したり短くなって使いづらくなったりなど悩まされなくなる。ぜひ一度お試しあれ。

関連記事

ページ上部へ戻る