【バレエ】シルヴィ・ギエムの「ボレロ」

100年に1度の逸材と称され、昨年の年末に惜しまれつつ引退したシルヴィ・ギエム。東京のジルベスターコンサートにて大晦日の年越しカウントダウンでボレロを舞い、話題となった。

指先どころか、筋肉の繊維一本一本までコントロールし、人間自身が持つ「美」を極限まで表現するバレエの、最高峰がここにある。

冒頭は手の動きのみスポットライトが当たりスタートするのだが、それを一目見たが最後。たったそれだけの動きで魅きつけら、15分間目が離せなくなる。無駄を一切排除し、洗練された人間の究極の姿の一つを、目の当たりにしよう。

関連記事

ページ上部へ戻る