驚異のサイズ!サブ・コントラバス・サクスフォン

フルートには、人間の身長を超えるサイズの「サブコントラバスフルート」という楽器がある。その存在感たるや、並の楽器を圧倒してしまうほどの迫力があるのだが、世の中は広い。

こちらで演奏されているサックスは「sub-contrabass saxophone」と言って、コントラバスよりさらに低い音程が出るのだが、その姿はもはや常軌を逸している

楽器の高さは人の身長を超えるどころか2倍近くまでそびえ立ち、ステージ近くのカメラが全体像を移そうとしても、移動できる範囲まで楽器が収まっていない。最低音近くのキーは人の顔と同じくらいの大きさがあるのではないだろうか。

これで奏でる最低音は「バタバタバタ」といった感じ。音の波形が聞こえてきそうなほどで、音ってやっぱりパルスの集合体なんだなーと妙に実感してしまった。この持ち運ぶだけでもトラックが必要そうなサックスの音色、ぜひ一度聴いてみていただきたい

関連記事

ページ上部へ戻る