小泉浩著書:フルートの現代奏法―演奏家と作曲家のための―

先日こちらの記事にて、2016年度の吹奏楽コンクール課題曲のトリルの替え指解説をした動画を紹介した。

この中で解説した替え指はほんの1例であり、フルートにはこの他にも多種多様なトリルの替え指が存在する。

フルート現代音楽奏者の第一人者である小泉浩氏の著書「フルートの現代奏法〜演奏家と作曲家のための」には、フルートで演奏可能な全てのトリル、そしてトレモロの運指が記されているのだが、この著書は作曲家のための解説書という面もあり、フルートのメカニズムを徹底的に調べた結果、この音のトリルもしくはトレモロは物理的に不可能である、と明記してあるところに非常に価値がある

つまりこの本で「演奏不可」となっているテクニックが楽曲の中で用いられていたら、奏者が技量不足なため演奏できないのではなく、作曲者の勉強不足である、と胸を張って主張できるのである!

冗談はさておき、フルートの特殊奏法についてこれだけ詳しく解説している教本は中々無いのでそれだけでも買う価値はあるが、先ほど述べたトリル、トレモロの運指の解説については、現代音楽に縁が無い方にも必ず役に立つ場面が出てくるだろう。

トリルやトレモロで悩んだことのあるそこのアナタ、ぜひお手元に1冊いかが!?

関連記事

ページ上部へ戻る