Bach: Organ sonatas, BWV 525 – 530 (Arr. for Piano and Flute) Léla Katsarava & Jean Ferrandis

グルジア出身のピアニストLéla KatsaravaとフランスのフルーティストJean Ferrandisによる、J.S.BACHのオルガンのためのソナタをフルートとピアノにアレンジした曲を収録したアルバム。このオルガンのソナタは様々な編成でアレンジされているが、フルートとピアノという録音は珍しい。しかしその演奏は、二人の奏者のバロックに対する深い造詣を感じながら、音の波に圧倒される。

何を隠そう、Jean Ferrandis氏は僕の留学中の先生であり、今でも尊敬するミュージシャンである。僕の知るジャンの演奏は、まさに音楽の泉からほとばしるエネルギーであり、インスピレーションとテクニックに溢れたものであったが、今回収録された音楽ではさらにそれらの要素が融合し、円熟味を増している。

前回のCDで収録されたエマニュエル・バッハの協奏曲と合わせ、ぜひご試聴していただきたい。


関連記事

ページ上部へ戻る