ランパル:HMV録音全集(1951-1976)(エラート録音全集 Vol.4)

最新号の季刊ムラマツ「Flute information」でも紹介されていた、ランパルの録音全集第4弾のアルバム集。

定番の曲はもちろん、マリア・カラスがパリデビューを果たしたコンサートで、パリ・オペラ座のオケの中でランパルが首席を吹いている録音が入っていたり、インドのシタールの名手ラヴィ・シャンカールとの共演も収録されていたりと、非常にコアな内容となっている。

ラジオ録音のインタビューも収められており、ランパルのファンであれば、ぜひ所有しておきたい一品。

関連記事

ページ上部へ戻る